読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前次のiPhoneの噂が薄くなるためにその機会ですが、今最新のニュースは

前次のiPhoneの噂が薄くなるためにその機会ですが、今最新のニュースは、胴体の厚さがわずかに増加することを主張しました。最近、それは0.2ミリメートルの厚さを増加させるように、次の世代のiPhoneは、広く、長くなることが報告KGI証券のアナリスト郭明プール提出有名な予測によると、主な理由は、酒の力タッチ技術の統合によるものです。 ルイヴィトンiphone7ケース次のiPhoneは7000系アルミニウムボディ材を使用し、カラーモデルにいくつかの調整を行いますが、正式に9月に販売を開始することが予想されるローズゴールドバージョンを起動する可能性があります。 体が厚くなります 次のiPhoneまたは新規増加厚い0.2ミリメートルボディカラー 最新の予測KGIセキュリティーズのアナリスト、クオ明プールによると、Appleの次世代iPhoneはフォースタッチ圧力タッチ技術をもたらすだけでなく、ボディも7000系アルミニウム材料、より硬度を使用するアップルウォッチからデザインの多くを使用することはよく知られていますiPhone 6は、このように避けて、60%増加し、「曲がったドア」問題が再発します。 グッチiPhone7ケース 次世代iPhoneの形状はあまり変わっていませんしながら、郭は、プールを予測するが、体の大きさは、現在のiPhone 6とiPhone 6プラス、約0.15ミリメートルの増加よりも広くかつ長くなり、本体の厚さが0.2増加しますミリメートル、主に次の世代のiPhoneの統合による、タッチスクリーンで強制タッチ技術の原因となります。 または色の変化 次のiPhoneまたは新規増加厚い0.2ミリメートルボディカラー そして、それは胴体材料の変化にある、クオ明プールも次のiPhoneはまた、既存のシャンパンなどのわずかな変化のカラーモデルは、黄金色に近くなるだろうと予測し、深宇宙グレー色のバージョンが深くなります。 ルイヴィトンiphone7ケースまた、Appleは噂が金バージョンをバラした後に追加され、および18Kは、同様のアップルWATCのゴールドカラーバージョンをバラで動作しますが、その間に、より高価な18Kゴールドバージョンのデビューバラが存在することになるかどうかは不明です。 もちろん、上記の引数は最近、次世代iPhoneはまたことが開示されている過去に高い硬度を提供するために、新材料の導入、及び「ウォールストリートジャーナル」になることを示唆しているように、アップルのサプライヤーキャッチャー技術として事実関係の噂、で持っていた次世代iPhoneローズゴールドバージョンが追加されます。 シャネルiphone7ケースフォースタッチ触覚技術を統合するための圧力としてはそれが既に報告されており、中にアップルウォッチとAppleの最新のMacBookを上陸させました。 9月のオファー 次のiPhoneの噂も新しいA9プロセッサを搭載した2ギガバイトのメモリ容量を増加し、カメラ12万画素にアップグレードするには、より高速なフォーカシングスピードを持っており、写真の明るさを向上させ、低光の条件を減少させるためにGBWセンサー技術を追加しました色ノイズの下で。 ルイヴィトンiphone7ケースプールが持っていたが、次の世代のiPhoneのリリース日については、郭は、8月に起動するように進むことが可能であると述べているが、今回は予想は、いつものように月に正式に記載されているでしょう。 タイムセール9月25日に公式にあったようにギリシャの以前のメディアTechmaniacsによると、次世代iPhoneは9月8日にリリースされ、その後、9月19日に販売をオープンされるというニュースを破りました。 シャネルiphone7ケース現在、アップルのファウンドリと大きな技術が新たな多数の従業員を募集し始めている、あるいは次世代iPhoneは8月までに量産になり、すべてがAppleの確立された計画に従って整然と進むと思われます。ビューの次の世代のiPhone疑わカバーデザインポイントの曝露から、最大の変化は、はるかに小さいことが過去に比べその形状の角部の曲率であり、そして今iPhone 5Sと胴体はなしに比べて広くなっています以下です。 シャネルiphone7ケースまた、この次世代iPhone疑わカバーデザインのイラストは、150ミリメートル、幅85ミリメートルの長さを示しているので、Appleはホームキーのアイデアをキャンセルしなかった場合、それはマシンが4.7インチのタッチスクリーンを搭載する可能性があることを意味し。 以前は、日本の部品メーカーは、いわゆるiPhone保護カバー6は、表示された情報は、以前のiPhone 5sの他のモデルと比較して明らかにした、保護スリーブのボリュームが装備されているが多くのことを増加し、カメラの背面とフラッシュレイアウトは、将来iPhone 6は、より大きなタッチスクリーンでないことを示す、変更、およびローカルのデザインに変更します。 iPhone7ケースまた、iPhone 6はサファイアガラスを使用し、というニュースがあり、PPIは441に到達しますが、それは特定の解像度不明です。 NFCアンテナの増加 産業チェーンからのニュースは、AppleのiPhone 6は4.7インチの2種類と5.5インチのタッチスクリーンのサイズを持っていると述べた、とプロセッサは1ギガバイトLPDDR3メモリとTSMCの20nmのプロセスA8チップの一部を使用し、カメラはまだ800万ですピクセル。 エルメス iphone7ケースさらに、それはまた、カバーが小さいNFCアンテナを有する少なくともに、NFC近距離通信技術をサポートすることができる航空機の点で過去に比べ。 AppleのiPhone 6は新しいiOS8システムのデビューが装備され、システムは情報が健康の主な機能であり、iWatchを統合することができる現在利用可能です。 グッチiPhone7ケース 「Healthbook」アプリケーションと呼ばれる新しいiOS8システムのうち、フィットネス関連データのうち、アクションコプロセッサとiWatchセンサーから収集できることが報告されています。 iOS7システムは、徹底した視覚的な調整をもたらしたのでしかし、iOS8ので、インターフェースの設計ではない多くの変更がありますが、Appleマップとシリ、このようなリフティングなどと同様に、新しいモバイル決済システムを介してに焦点を当てますようにTouchID機能の強化と。 グッチ iphone7ケース または9月にリリースされます 近づい年次WWDCカンファレンスでは、多くの人々が、できるだけ早くAppleのiPhoneの次の世代を起動するために楽しみにしています。しかし、外国メディアによると、会議は、AppleのiOS 8のシステムと新しいスマートウェアラブルデバイスiWatchを起動することができますが、アップルの次世代iPhoneはあなたに会うために月にまだあることを報告し、これは、確立されたリズムAppleがあります今年も例外ではありません。 シャネルiphoneケース 米国の経済誌をリードしながら、「バロン」は、機器の手をアップグレードするために多くの既存のiPhoneユーザーをプッシュするだけでなく、スイッチの多くを行います広く、より大きなディスプレイが装備される次世代のAppleのiPhoneを噂されている文書を、発行しました他のブランドのユーザーが彼らの心を変更します。したがって、この正の刺激で、Appleの株価は、来年には20%上昇すると予想されます。 シャネルiphoneケース